2016年9月29日木曜日

駅に待つ女の子[赤毛のアン]


第2章
Chapter 2

マシュウ・カスバート驚く
Matthew Cuthbert is surprised







マシュウ・カスバートと栗毛の雌馬は、ブライト・リヴァへの8マイルの道のりをのんびりと楽しんでいた。
Matthew Cuthbert and the sorrel mare jogged comfortably over the eight miles to Bright River.

それはこじんまりとした農場の間を走っているきれいな道で、樅(もみ)の林をぬけるかと思うと、野生のすももがかすみのような花をたらしている窪地を過ぎることもあった。
It was a pretty road, running along between snug farmsteads, with now and again a bit of balsamy fir wood to drive through or a hollow where wild plums hung out their filmy bloom.

辺りはあちこちのりんご園から漂ってくる香りにつつまれ、牧場はなだらかな勾配をなして、真珠色と紫色のもやがたちこめるはるか彼方の地平線までつづいていた。そして
The air was sweet with the breath of many apple orchards and the meadows sloped away in the distance to horizon mists of pearl and purple; while

鳥はうたう、声を限りに
"The little birds sang as if it were 
この日をば、夏と讃えて
The one day of summer in all the year"

マシュウは彼なりにこのドライブを楽しんだが、女達に会って会釈をしなくてはならない時は、そうはいかなかった。
Matthew enjoyed the drive after his own fashion, except during the moments when he met women and had to nod to them 

-- プリンス・エドワード島(セント・ローレンス湾内の島)では、知り合いであろうとなかろうと、道で会ったら誰にでも会釈することになっていたのだ。
-- for in Prince Edward island you are supposed to nod to all and sundry you meet on the road whether you know them or not.


マシュウにはマリラとレィチェル夫人以外の女はみんな恐かった。
Matthew dreaded all women except Marilla and Mrs. Rachel;

この不思議な生き物達は、自分のことをひそかに笑っているのではないかという不安があったからだ。
he had an uncomfortable feeling that the mysterious creatures were secretly laughing at him.

彼がそう思うのは案外あたっていたかもしれない。
He may have been quite right in thinking so, 

無骨なからだつきに、鉄灰色の髪の毛を前こごみの肩にとどくほど長くのばし、20歳の時からだというふさふさした柔らかい茶色のあごひげをはやしたマシュウの姿はどうみても一風変わっていた。
for he was an odd-looking personage, with an ungainly figure and long iron-gray hair that touched his stooping shoulders, and a full, soft brown beard which he had worn ever since he was twenty.

事実、髪が白くないというだけで、20歳のマシュウは60の今とほとんど同じに見えた。
In fact, he had looked at twenty very much as he looked at sixty, lacking a little of the grayness.



彼がブライト・リヴァに着いた時には、汽車は影も形もなかった。
When he reached Bright River there was no sign of any train; 

早く来過ぎたのだと思ったので、ブライト・リヴァの小さな旅館の庭に馬をつなぐと、マシュウは駅まで歩いて行った。
he thought he was too early, so he tied his horse in the yard of the small Bright River hotel and went over to the station house.

長いプラットホームにはほとんど人影はなかった。
The long platform was almost deserted; 

目にはいる生き物といったら、ホームの一番端に積んであるじゃりの上に腰かけている女の子ぐらいのものだった。
the only living creature in sight being a girl who was sitting on a pile of shingles at the extreme end.

マシュウはそれが女の子だということすらほとんど気づかずに、彼女には目もくれないで、そのそばをできるだけ足ばやに通り過ぎた。
Matthew, barely noting that it WAS a girl, sidled past her as quickly as possible without looking at her.

もし見ていたら、この子がこちこちに固くなって、ひたすらに何かを待ち受けている様子が、顔にも態度にもありありと現れていることに気づいただろう。
Had he looked he could hardly have failed to notice the tense rigidity and expectation of her attitude and expression.

その子はそこにすわって何かを、あるいは誰かを待っていた。
She was sitting there waiting for something or somebody and, 

そうしてじっと待っている以外に、さしあたってほかにすることもなかったので、ひたすらそこにすわりこんで待っていた。
since sitting and waiting was the only thing to do just then, she sat and waited with all her might and main.



マシュウは駅長にばったり出会ったので、5時半の汽車はすぐにくるのかとたずねた。駅長は夕飯に家へ帰るので、出札所をしめているところだった。
Matthew encountered the stationmaster locking up the ticket office preparatory to going home for supper, and asked him if the five-thirty train would soon be along.

「5時半の汽車なら30分も前に通りました」
"The five-thirty train has been in and gone half an hour ago," 

と駅長はきびきび答えた。
answered that brisk official.

「しかし、あんたのお客さんという人がおりましたよ -- 女の子です。
"But there was a passenger dropped off for you -- a little girl.

あすこのじゃりの上にかけていますよ。
She's sitting out there on the shingles.

婦人待合室に行くように言ったんですが、外にいた方がいいって大まじめで言うんですよ。
I asked her to go into the ladies' waiting room, but she informed me gravely that she preferred to stay outside.

『こっちの方が想像をめぐらす余地があるから』なんて言ってね。
'There was more scope for imagination,' she said.

変わってる子のようですな」
She's a case, I should say."



「女の子には用がないんだがなあ」
"I'm not expecting a girl,"

とマシュウは解せない面持ちで言った。
said Matthew blankly,

迎えに来たのは男の子なんですよ。
"It's a boy I've come for.

もう来ているはずだんでね。
He should be here.

アレクサンダー・スペンサーの奥さんがノヴァ・スコシアから連れてきてくださる予定なんです。
Mrs, Alexander Spencer was to bring him over from Nova Scotia for me."



駅長は口笛を吹いた。
The stationmaster whistled.

「何かの手違いでしょう」と彼は言った。
"Guess there's some mistake," he said.

「そのスペンサーの奥さんがあの子と一緒に汽車をおり、わたしにあずけていかれたんですよ。
"Mrs. Spencer came off the train with that girl and gave her into my charge.

あんたと妹さんが孤児院からもらった子だから、そのうち迎えにみえるだろうと言ってね。
Said you and your sister were adopting her from an orphan asylum and that you would be along for her presently.

わたしが知っているのはそれだけです。 -- ほかにみなしごなんかどこにもいやしませんよ」
That's all I know about it -- and I haven't got any more orphans concealed hereabouts."



「わからんな」とマシュウは途方にくれて言った。
"I don't understand," said Matthew helplessly, 

そしてマリラがそばにいて、うまくとりはからってくれたらと思わずにはいられなかった。
wishing that Marilla was at hand to cope with the situation.

「それならあの子に聞けばいいですよ」と駅長は無造作に言った。
"Well, you'd better question the girl," said the station-master carelessly.

「きっと説明してくれますよ。
"I dare say she'll be able to explain -- 

なかなか口が達者なようですからなあ。
she's got a tongue of her own, that's certain.

ことによると、あんたがたがほしいような男の子がいなかったのかもしれませんよ」
Maybe they were out of boys of the brand you wanted."



駅長は腹がへってたまらなかったので、すたすたと歩いて行ってしまった。
He walked jauntily away, being hungry, 

そこでマシュウはあわれにも取り残されて、虎穴に入るよりももっと難しいこと
and the unfortunate Matthew was left to do that which was harder for him than bearding a lion in its den -- 

つまり女の子、それも見も知らない女の子 -- みなしご -- の所に行って、どうして男の子ではないのかとたずねる羽目に追いこまれた。
walk up to a girl -- a strange girl -- an orphan girl -- and demand of her why she wasn't a boy.

マシュウは向きをかえ、ホームの端にいる子供の方に重い足どりでそろそろ近づきながら、心のなかでうなった。
Matthew groaned in spirit as he turned about and shuffled gently down the platform towards her.



女の子はマシュウがそばを通り過ぎた時からずっと彼に眼を注いでいたが、今やじっとこちらを見据えていた。
She had been watching him ever since he had passed her and she had her eyes on him now.

マシュウは子供の方を見ていなかったし、たとえ見たにしても、どんな子かわからなかったかも知れない。
Matthew was not looking at her and would not have seen what she was really like if he had been, 

しかし普通の人なら次のようなことを見てとっただろう。
but an ordinary observer would have seen this:



子供は年の頃は11ぐらいで、つんつるてんの、みるからに窮屈そうな、みっともない、うす黄色の綿と毛の交織(まぜおり)の服を着ていた。
A child of about eleven, garbed in a very short, very tight, very ugly dress of yellowish-gray wincey.

色あせた、茶色の水平帽をかぶり、その下から、2本のとても太く編んだ、めだって赤い髪の毛が背中までたれていた。
She wore a faded brown sailor hat and beneath the hat, extending down her back, were two braids of very thick, decidedly red hair.

顔は小さく、青白く、やせていて、そばかすだらけだった。
Her face was small, white and thin, also much freckled; 

口は大きかった。目も大きくて、その時の光線の具合や気分で緑色に見えたり灰色に見えたりした。
her mouth was large and so were her eyes, which looked green in some lights and moods and gray in others.


このへんまでは普通の人の観察だが、
So far, the ordinary observer;

特別よく気がつく人だったら、この子のあごがたいへんとがってつき出ており、
an extraordinary observer might have seen that the chin was very pointed and pronounced;

大きな目はいきいきしていてはりがあり、
that the big eyes were full of spirit and vivacity;

くちびるはかわいらしくて表情に富み、
that the mouth was sweet-lipped and expressive;

ひたいは広く大きいことがわかっただろう。
that the forehead was broad and full;

つまり、鋭い、人並み以上の観察力を持った人だったら、マシュウ・カスバートがこっけいなほど恐れたこの宿なしの娘には非凡な魂が宿っているという結論に達しただろう。
in short, our discerning extraordinary observer might have concluded that no commonplace soul inhabited the body of this stray woman-child of whom shy Matthew Cuthbert was so ludicrously afraid.



しかしマシュウは自分から話しかけるといういやな思いをせずにすんだ。
Matthew, however, was spread the ordeal of speaking first, 

というのは、彼が自分の方にやってくることを見とどけるやいなや、女の子はやせて日焼けのした片手で、使い古した、旧式の手さげかばんの取っ手をつかんで立ち上がり、
for as soon as she concluded that he was coming to her she stood up, grasping with one thin brown hand the handle of a shabby, old-fashioned carpet-bag;

もう一方の手を彼の方に差し出した。
the other she held out to him.



「『グリーン・ゲイブルズ』のマシュウ・カスバートさんでしょう?」
"I suppose you are Mr. Matthew Cuthbert of Green Gables?"

彼女はひときわ澄んだ、きれいな声で言った。
she said in a peculiarly clear, sweet voice.

「お目にかかれてよかったわ。
"I'm very glad to see you.

迎えに来てくださらないんじゃないかって心配になりだしたので、いらっしゃれないわけをあれこれ考えていたの。
I was beginning to be afraid you weren't coming for me and I was imagining all the things that might have happened to prevent you.

もし今晩お見えにならなかったら、線路づたいに曲がり角の大きな野生の桜の木の所まで行って、あの木の上で夜を明かそうときめていたのよ。ちっともこわくないわ。月の光に照らされて白い花がいっぱい咲いている桜の木の上で眠るなんてすてきじゃない?
I had made up my mind that if you didn't come for me to-night I'd go down the track to that big wild cherry-tree all white with bloom in the moonshine, don't you think?

まるで大理石の大広間に住んでるような気がするんじゃないかしら?
You could imagine you were dwelling in marble halls, couldn't you?

それに今晩いらっしゃらなくても、あしたの朝はきっと迎えに来てくださると思ってたわ」
And I was quite sure you would come for me in the morning, if you didn't to-night."



マシュウは女の子のやせこけた、小さな手をぎこちなくにぎった。
Matthew had taken the scrawny little hand awkwardly in his;

そしてとっさの間にどうすべきか決心がついた。
then and there he decided what to do.

目をきらきら輝かせたこの子に、手違いがあったなどとは言えっこない。
He could not tell this child with the glowing eyes that there had been a mistake;

家に連れて言って、マリラに話させよう。
he would take her home and let Marilla do that.

とにかく、どんな手違いがあったにしろ、この子をブライト・リヴァに置きざりにすることはできない。
She couldn't be left at Bright River anyhow, no matter what mistake had been made, 

だから、いっさいの問答は「グリーン・ゲイブルズ」に帰り着くまでのばすことにしよう。
so all question and explanations might as well be deferred until he was safely back at Green Gables.









出典:神山妙子『赤毛のアン』




2016年9月9日金曜日

空港での生英語 [English Journal]




空港での英語アナウンス







【Case 1】



May I have your attention, please?

ご案内申し上げます。



The curbside is for immediate loading and unloading only.

歩道側のレーン(the curbside)は、短時間の荷物の積み下ろし(immediate loading and unloading)でのみご利用いただけます。



No parking, braking or stopping until your passengers are curbside and ready to load.

駐車したり、同乗者が来て乗車するまで減速したり(braking)停車したりすることはご遠慮ください。



Violators may be summoned and towed.

違反者(violators)は出頭を求められ、車はレッカー移動されることがあります。



Consider using these options.

次のいずれかをご利用ください。



Parking at any of our structures is free for the first 15 minutes.

当空港内の駐車場はどこでも、最初の15分(the first 15 minutes)は無料です。



Or use the Cell Phone Waiting Lot on the northwest corner of 96th Street and Vicksburg Avenue.

もしくは、96番通りとヴィックスバーグ街の(交差点)北西角にある Cell Phone Waiting Lot (待ち人から携帯電話で連絡が来るまで停めていられる駐車場)をご利用ください。



Passengers can take the Lot C shuttle to the Cell Phone Waiting Lot.

乗客の皆さまは、Cell Phone Waiting Lot まで、Lot C シャトルをご利用いただけます。



Thank you for your cooperation.

ご協力ありがとうございます。






解説:

アメリカでは、空港を利用する人を自家用車で送り迎えすることが多く、ターミナルの外に路上駐車して、到着する家族や友人を待とうとする人もいるので、このようなアナウンスが必要になる。

Curbside(縁石側)は歩道(sidewalk)と通り(street)の間の、段差のある部分のこと。

最近は携帯電話で連絡が取り合えるので、Cell Phone Waiting Lot (Area) を設置している空港も多い。






【Case 2】



If you are interested in checking your bag, just go up with your boarding pass, take out medication, keys, electronic cigarettes, spare lithium batteries, and take these items on board with you.

荷物の預け入れをご希望のお客さまは、搭乗券をお持ちの上、お進みください。その際、薬や鍵、電子タバコ(electronic cigarettes)、予備のリチウムバッテリーは荷物から取り出し、携帯してご搭乗ください。






If you are traveling with a hover board, these items are not allowed on the aircrafts.

ホバーボード(hover board)をお持ちの方がいらっしゃいましたら、これらの荷物は機内への持ち込みや預け入れは禁止されております。






Please see us at the podium if you do have one.

お持ちの方はカウンター(podium)までお越しください。



Once again, we're looking for volunteers that are willing to check their bags.

繰り返します、皆さまにできるだけ、荷物の預け入れにご協力いただければと思っております。



If you are interested, just go up with your boarding pass so that we can scan it.

ご希望の方は、スキャンできるよう、搭乗券(boarding pass)をご用意の上、お進みください。



And you'll pick up your bag at your final destination, at baggage claim.

その場合、最終目的地(final destination)手荷物受取所(baggage claim)で、お荷物をお受けいただけます。



If you have any questions, just see us here at the podium.

ご質問がございましたら、こちらのカウンター(podium)までお越しください。



解説:

アメリカの国内線では通常、荷物預かりは有料なので持ち込みの手荷物が大きくなり、機内の荷物入れに入り切らないことが多い。それで、このような案内をゲートで頻繁におこなっている。

e-cigarette(電子タバコ)hover board(ホバーボード)は最近普及した商品なので、このように注意をうながしている。

係員がいる場所を podium と言っているが、「教壇」や「演説台」と同じ単語だ。






【Case 3】



If there are any passengers traveling with children that are 2 or younger, or if your child is using a car seat onboard, you're welcome to board.

2歳以下のお子さまをお連れのお客さま、もしくは、機内でお子さんがチャイルドシート(car seat)をご利用のお客さまは、ご搭乗いただけます。






Passengers seated in first class, you are welcome all our passengers that have reached Zone status, you're welcome to board at this time.

ファーストクラスのお客さまも、ご搭乗をご案内しております。ゾーン会員(Zone status)のお客さまも、皆さまこれよりご搭乗いただけます。



解説:

アメリカでは子どもを自動車に乗せるときはもちろん、飛行機でも car seat(チャイルドシート)に座らせる親が多い。

Your are welcome to board は「どうぞご搭乗ください」と、丁寧にうながす言い方だ。








引用:ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2016年9月号
空港でアナウンスを聞き取る




2015年10月9日金曜日

おろそかな懺悔「short shrift」



short shrift

(死刑囚に対して死刑執行前に与えられる)
ざんげ[罪の告白]のための短い時間

粗末な扱い、軽い扱い


【語源】処罰が厳しかった中世において、死刑囚は死刑が執行される直前にざんげ(shrift)のための短い時間が与えられ、牧師に罪の告白をして赦罪[罪の赦し]を受けた(英辞郎)


文例:
More important are a number of actions that usually get short shrift when talking about climate policies.

こと環境政策の話になると、より重要な行動の多くが軽くあしらわれてしまうのが常だ。





India and the environment: Catching up with China
The Economist, October 10th 2015


甘い道?「sweet way」



go one's own sweet way
自分の好きなようにする


文例:
As always, India will go its own sweet way.

いつもの通り、インドは自分の好きなようにやるだろう。


India and the environment; Catching up with China
The Economist, October 10th 2015


2015年10月3日土曜日

クビ差「neck and neck」


neck and neck
〔勝負が〕接戦で、互角に

【語源】競馬でゴールに到達するとき、ぎりぎり首の差であるときの様子から(英辞郎)


文例:
As a share of world GDP, America and China (including Hong Kong) are neck and neck at 16% and 17% respectively.

世界のGDPのシェアに関して、アメリカと中国(香港を含む)はほぼ互角、それぞれ16%と17%である。


The world economy "The sticky superpower"
The Economist, Oct 3rd 2015

2015年9月27日日曜日

すぐに続いて「hard on the heels」


hard on the heels of ...
...のすぐ後に続いて

hard = 空間または時間が非常に接近している、近い(very near or close in space or time)


文例:
This has wrong-footed central banks. Assuming that rising prices would follow hard on the heels of a jobs boom.

これで中央銀行はつまづいた。失業率の低下(jobs boom)が物価の上昇(rising prices)に直結すると決めつけてしまったのだ。


Central banking; After the hold, be bold
The Economist, Sep 26th 2015

2015年9月19日土曜日

対等な取り引き「arm's-length transaction」


arm's-length transaction
対等(独立)当事者間の取引
(各当事者が独立した状態で、自由かつ公正に行う取引)


◆ arm's length
腕一本分ほどの距離。人間関係としては「よそよそしい距離」であり、仕事上においては「近すぎない距離」。親しきなかにも…。


文例:
It can take generations to build institutions that enable people trust arm's-lenght transaction.

対等な条件で取り引きができるような、人々に信頼される組織を構築するには、何世代もの時間がかかる。




Development, "The Two Mexicos"
The Economist, Sep 19th 2015

大根ならぬハム役者「ham actor」


ham actor
(ワザとらしくて下手な芝居をする)大根役者


【語源】日本で言う「大根役者」は、その昔、芝居の化粧を落とすのに大根を使ったからという説がある。一方、英語の「ハム(豚の脂身)」も同様の説があり、売れない役者ほどメークを落とすのにブタ(ハム)の脂を使っていたのだそうだ。


文例:
Prayuth Chan-ocha, Thailand's prime minister, sometimes resembles a ham actor ad-libbing his way through an audition for a role as an unhinged director. 

タイの首相、プラユット・チャンオチャが大根役者に思えることがある。彼は抑えのきかない監督の役柄をアドリブで押し通すんだ。




Banyan, "Under the umbrella"
The Economist, Sep 19th 2015

2015年9月17日木曜日

雲への種まき「cloud-seeding」


cloud seeding
人工降雨

◆人工的に雨を降らせるため、雲に二酸化炭素をまく(英辞郎)。


文例:
They were being fought with water-bombing from helicopters and cloud-seeding aeroplanes.

ヘリコプターから水爆弾(water-bomb)を落とすか、飛行機から人工雨の種(cloud-seed)を降らせるかで、彼らは争っていた。



Banyan, Hazing rituals
The Economist, Sep 12th 2015

口先だけの会「talking-shop」


talking shop
〔問題解決などのために〕議論するだけで行動に移さない委員会[グループ]


文例:
However, ASEAN's efforts have tested the organisation's aspiration to become more than a talking-shop among governments and to forge a co-operative "community".

しかしながらアセアン(東南アジア諸国連合)による尽力は、政府間の議論だけにとどまらずに協調的なコミュニティーを築けるかどうか、組織の熱意(aspiration)を試しているのである。



Banyan, Hazing rituals
The Economist, Sep 12th 2015